FANDOM


ステージ ゲルドの谷 (SP)

『スマブラSP』のゲルドの谷

ゲルドの谷(英:Gerudo Valley)は、『スマブラ3DS』と『スマブラSP』に収録されているステージ。

概要 編集

左右にあるすり抜け床のやぐらがある以外は、左右が平坦で地続き、広い空間のステージ。

中央の橋は一定量のダメージが加わると崩壊して奈落になる。端から落ちても、左右それぞれにわずかに伸びた枯れ木の足場が一本、左右どちらかにトゲ剣山が一つあるので、復帰は可能。

ただし、枯れ木は数回乗ったり攻撃すると簡単に折れてしまい、トゲ剣山は一回当たると落ちて、何もなくなってしまうので早めに復帰しておこう。復帰が厳しい場合は、トゲ剣山でダメージを受ける覚悟で当たりに行った方が、上に吹っ飛ばされて結果的に復帰できる。

橋が壊れるとツインローバ「コタケとコウメ」が飛来することがあり、魔法で、ステージの左側を炎上させるか、右側を氷山が覆ってしまう。この時、同時にやぐらのすり抜け床も破壊される。

橋が崩壊してから一定時間が経過するとメロディーが流れて橋とやぐらが再生する。この時、橋の下の奈落は画面外の判定に切り替わるため、そのまま居続けているとミスになってしまう。

元ネタ 編集

『ゼルダの伝説 時のオカリナ』に登場する地。“ゲルド”とは『ゼルダの伝説』シリーズに登場する、盗賊を生業とした砂漠の民ゲルド族のことを指す。ゲルド族は女ばかりの義賊民族であり、100年に1度生まれる男をゲルドの王とする風習がある。ガノンドロフはゲルド族出身だが、義賊であるゲルド族のやり方に反して自らは大盗賊となる。

原作で訪れた時点では橋が崩れており、リンクはエポナに乗って飛び越えるか、ロングフックを使用して渡る必要がある。この先にあるゲルドの砦にてイベントをこなせば、大工に頼んで橋を直して貰うことが可能になる。

橋が修復する時に流れるメロディーは「時の歌」。ゼルダから教わる、時の扉を開けるために必要なオカリナのメロディ。

コタケとコウメ
ゲルド族の双子の魔女で、ガノンドロフの育ての親。声は、神宮司弥生による原作で収録された音声を使用している。
老婆の姿をしているが、合体すると巨大な若い女性の姿をした“双生魔導士ツインローバ”としてリンクの前に立ちはだかる。

ギャラリー 編集